倉持明日香の父の画像はまさに炎のストッパー!娘にはデレデレ父?って本当?

2015年にAKB48を卒業し、現在タレント・女優・司会業をしている倉持明日香さんです。倉持明日香さんの父は、元プロ野球選手の倉持明さん。1983年に引退しておりロッテとヤクルトで投手で活躍していました。画像では威厳のある顔ですが、実際はどうなのでしょう。

スポンサーリンク

倉持明日香は父の画像に影響を受けて芸能界入りを決意した!?

明日香さんのお父さんが、元プロ野球選手という事ですが、結構父親が元プロ野球選手という芸能人の方も多いです。

親がプロ野球選手ということだと、芸能界入りしやすいという事なのでしょうか?

親が活躍している姿を画像などで、子供のころからみていれば、倉持明日香さんのように、女の子であれば、お父さんのようにTVに出たいという気持ちになりたいでしょう。

倉持明日香さんもその通りで、おさんのようにTVの画像にでたいという希望でAKBのオーディションを受けています。

確かに、倉持明日香さんのおさんの倉持明さんは、倉持明日香さんをプロゴルファーか女子プロ野球選手にしたいと考えていたようですが、奥さまの猛反対で断念したようです。

画像からみると、「怒ると怖いぞ!」という感じの顔なのですが、奥さまには頭が上がらないということなのでしょう。

そのあたりは元プロ野球選手といっても、どこの家庭のいるお父さんと一緒なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

倉持明日香の父は芸能界入りを猛反対! 画像ではわからな親子愛か!?

倉持明日香さんのおさんの倉持明さんを画像でみると、イカツイお父さん的な印象を持ちます。

確かに現役時代は、炎のストッパーとして204試合40セーブをあげているのです。

実績的には見劣りする成績ですが、倉持明日香さんにとっては、お父さんがTVの画像で投げているシーンをみれば、気持ち的にはかなりのモチベにつながっていたのではないでしょうか。

しかし、倉持明日香さんが芸能界入りをしたいと話した時には、お父さんの明さんは画像にある顔で猛反対したようです。

一番下の娘が芸能界なんてと思ったら、おさん的には反対するのは当然のことでしょう。

まして画像のような、イカツイ顔で倉持明日香さんに迫ったとしたら

お父さん、顔怖いよ~

といってしまいそうですよね。

でも、倉持明日香さんの援護をしてくれたのが、一番上の兄が父を説得したといわれています。

なんて美しい兄妹愛でしょう。

さん的には、プロ野球選手という厳しい世界を生きてきた人だけに、娘の倉持明日香さんには厳しい道を選択してもらいたくなかったと考えられます。

いろいろな画像をみると、倉持明日香には、イカツイ顔ながら優しいおさんの表情がよみとれるのです。

スポンサーリンク

倉持明日香の父は娘と映る画像では、緊張しまくり!?

倉持明日香さんは現在30歳でタレント業を主に行っていますが、実はプロ野球の始球式を6回も務めているのです。

AKBに在籍していた実績もあるでしょうが、父の倉持明さんの力もあるのでしょう。

それに、始球式で親子でバッテリーを組むという、球団側の配慮もあるほど、プロ野球界でも有名な親子関係のようです。

がプロ野球の解説をしながら、倉持明日香さんは球場内のレポーターを務めるなど親子での仕事をしています。

バックスクリーンの画像に娘の倉持明日香さんがドアップで出たときには、おさん的にも、うれしいはずです。

さんは、芸能界入りを許したことをよかったと思っていることでしょう。

ある意味、溺愛の娘と仕事が一緒にできるなんて、そうそう世間ではないですからね。

2人の画像を収めたものを何枚かみましたが、倉持明日香さんは明るく映っていますが、おさんは緊張したイカツイ顔で映っているのをみると、お父さん的にはうれしい反面照れくさいのでしょう。

何となく、画像を見る限りは、倉持明日香さんのおさんは、倉持明日香にはデレデレお父さんなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

倉持明日香画像はまさに炎のストッパー!娘にはデレデレ?について紹介してきました。

倉持明日香画像はまさに炎のストッパー!娘にはデレデレ

倉持明日香さんは、画像で流れるが投げている姿を見てTVの画像に出たいと思っていた

倉持明日香さんは、画像で見る限りイカツイ顔のに芸能界入りを猛反対された

倉持明日香さんとおさんは現在仕事一緒にすることが多く、画像で見るとおさんはいつも緊張している顔をしている

などという事がわかりました。

倉持明日香さんのおさんは、最後はヤクルトで現役を引退をして、現在はロッテマリーンズの解説をしていることが多いです。

元々、ドラフトでロッテに入団していることから、ロッテ専門解説者的な存在なのでしょう。

倉持明日香さんもロッテマリーンズのファンであることから、球場内のレポーターなどをして、おさんと一緒に仕事をしているのです。

なんとなくですが、お父さん大好きっこと娘を溺愛している父親という感じが画像からでも伝わってきます。

スポンサーリンク