小野恵令奈は歌下手なのか?次期エースといわれた存在だけに徹底調査!

2010年にAKB48を卒業し、2014年には芸能界までも引退したのが、小野恵令奈さんです。ネット上では歌下手なのでは?となっていますが、AKB時代には20曲以上選抜入りしています。AKB卒業後も5曲ほどシングルを出していることから、歌下手なのか疑問です。

スポンサーリンク

小野恵令奈は本当に歌下手なのか?次期エース候補だっただけに惜しい存在!?

小野恵令奈さんが本当に歌下手なのか?という疑問が出てきますが、あれだけいるAKB48の人数の中で選抜に選ばれること自体大変なことです。

人気があるからともいえますが、人気があっても歌下手では選抜漏れという可能性も否定できません。

小野恵令奈さんの歌下手疑惑がどこから発信されたのかは、深堀してもでてこないことから、単なる噂話程度なのかもしれないのです。

疑問としては、AKBの選抜メンバーに小野恵令奈さんが選出されたからといっても。歌下手であるかは、不透明感が高い状態にあります。

それは、センターでないために個人での歌唱力がわからないという事です。

しかし、大島優子さんと次期エース候補といわれた小野恵令奈さんだけに、歌下手という事は、考えにくいというのが一般的な見方になります。

次期エース候補といわれていただけに、2010年の卒業に関しては歌下手以前に、ファンにとっては、残念な結果となってしまったことは確かです。

スポンサーリンク

小野恵令奈の芸能界引退は歌下手が理由なのか?それとも違う理由か!?

AKB48を卒業してから、1年半近くたってから小野恵令奈さんは、単独でシングルを発表しています。

芸名をえれぴょんに変えてシングル5曲にアルバム1枚を発表しているのです。

これだけ、AKB卒業の影を引かないように苦慮しているのが、はっきりしています。

ただ、小野恵令奈さんのえれぴょんの知名度が低すぎたのか、歌下手すぎただったのかあまりにも、シングル・アルバムとも販売枚数はビックリするほどの販売枚数にはなってはいません。

歌下手というよりも、AKBを離脱したための影響が非常に大きいといったところなのでしょう。

小野恵令奈さんのイメージ自体は悪くはないはずですから、歌下手というよりも大きな後ろ盾を失ったのが痛かったという事が事実になります。

小野恵令奈さんは、アルバムを発売してから翌年に芸能界を引退してしまったので、その理由が歌下手だったのか?それとも他の理由だったのか?は不明なのです。

スポンサーリンク

小野恵令奈は歌下手を克服するために麻布十番の会員制クラブで働いている!?

小野恵令奈さんが本当に歌下手なのか?という疑問がどうも解消できないので、いくつかYouTubeで小野恵令奈さんの歌を聴いてみたのですが、歌下手なのか正直よくわからない!です。

他の方の歌下手はなんとなくわかるですが、小野恵令奈さんが歌下手なのかは判断がつきかねます。

AKB時代の歌声であれば歌下手とは言えないですから、次期エースとまで言われたのは納得がいくのです。

ただ、ソロ活動から楽曲に恵まれなかったとしか思えません。

歌下手という感じがしない小野恵令奈さんですから、評価が得られるまで芸能界で頑張っていてもよかったのでは?という気もします。

現在は麻布十番の会員制クラブで働いているようですから、もしかするとそこでマイクを握って歌っているのかもしれないです。

クラブでマイクを握るには相当な歌唱力が必要ですから、歌下手ではいくら小野恵令奈さんでも歌わせてはくれないでしょう。

ある程度会員制クラブで、実績を残してカムバックというのも意外とあるのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

小野恵令奈歌下手なのか?次期エースといわれた存在だけに徹底調査!について紹介してきました。

小野恵令奈歌下手なのか?次期エースといわれた存在だけに徹底調査!

小野恵令奈さんはAKBの次期エース候補に挙がっていただけに、歌下手とは考えにくい

小野恵令奈さんはAKBを卒業してからソロ活動をしていましたが、歌下手というよりも後ろ盾がなくなったために、売れなかった可能性がある

小野恵令奈さんは、実は歌下手ではなく、後ろ盾がない分評価されなかった可能性がある

などがわかりました。

顔やスタイルのポテンシャルが高いだけに、小野恵令奈さんが歌下手でなければ、芸能界でも生き残れたはずなのです。

ただ、AKBという後ろ盾がなくなってしまったことで、評価されなくなったことが歌下手という噂をもたらしたのかもしれません。

厳しい世界だけに、小野恵令奈さんは我慢しきれなかったのかもしれないです。

スポンサーリンク