石田晴香の持病は膠原病なのか?完治はできないというのは本当か!?

2016年にAKB48から卒業した石田晴香さんは、27歳で女優・声優・タレント業で活躍しています。石田晴香さんは、自ら持病があることを発表しています。太陽光の下では、湿疹などができてしまうという持病で、治療薬はあるものの完治までには至らない現状のようです。

スポンサーリンク

石田晴香の持病は完治不能!?太陽光の下では症状が悪化する?

AKBを卒業してから5年が経過している石田晴香さんですが、女優や声優などで活躍の場を広げています。

しかし、石田晴香さんはAKB時代に持病があることを告白しているのです。

その持病とは、太陽光のもとにいると体に湿疹ができてしまうという症状をもつ持病なのです。

ネットなどでは、膠原病なのでは?と噂になっておりますが、石田晴香さんの告白した持病の症状とは、違った症状なので膠原病という事ではありません。

膠原病ではないことですが、太陽光のもとにいると症状が現れるという事は、石田晴香さんの持病は光線過敏症または、紫外線過敏症のどちらかと考えられるのです。

ただ、治療というよりもこの持病には、現在完治という手段がなく、予防策しかないのが現状になります。

可愛らしい石田晴香さんなのに、完治ができない持病があるというのは、悲しいですよね。

スポンサーリンク

石田晴香の持病は完治薬がない!?その状態で生活できるのか!?

石田晴香さんがAKB時代に告白した、光に当たると湿疹ができてしまうという持病ですが、現在でも光線過敏症や紫外線過敏症への完治はされていないようです。

石田晴香さんが告白してから数年が経ちますが、治療薬は進歩はしていますが、原因を完治までは至りません。

ですから、石田晴香さんはAKB時代も現在も太陽が出ている晴れの日の撮影時には相当苦労していたことになるのです。

水着の撮影でも、制限時間が設けられるほどの徹底ぶりで、あとはスタジオ撮影という事になっていました。

石田晴香さんの持病は、完治することが出来ない状態ですから、街を歩く時でも日傘にサングラスに長袖、長ズボンといったスタイルになってしまうのです。

そうでもしないことには、太陽光や紫外線によって発疹が出来て大変なことになってしまいます。

医学の進歩は、早いですが石田晴香さんの持病完治薬はまだまだ当分無理ですから、石田晴香さん自身が予防するしかないでしょうね。

スポンサーリンク

石田晴香の持病の完治が難しい!?心の崩壊が気になる!

石田晴香さん自身の持病の光線過敏症や紫外線過敏症には、治療薬はあるのですが、完治までできるという訳ではないことが分かりました。

でも、石田晴香さんは芸能界でやっていくという事を決めたわけですから、持病が完治しないまでも、持病と向き合った対策を講じながら仕事をすると決めたはずです。

持病完治しないという事実は、時には心に重くのしかかります。

なんで私だけが・どうして持病のせいでできないの!?などなど、石田晴香さんの心の中の葛藤はかなりのものだと想像できます。

完治はできないまでも、何とか他の人と同じように生活できるようにするには、制約はあるものの、完治できないなりに心と折り合いをつけることで、乗り越えることが出来るのではないでしょうか。

世の中には、石田晴香さんの持病の光線過敏症や紫外線過敏症でも重症の方もいますし、他の難病している方も大勢いますから、完治できないまでも普通の生活がある程度できると考えれば、石田晴香さんの心のストレスも多少は少なくはなるのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

石田晴香持病は膠原病なのか?完治はできないというのは本当か!?について紹介してきました。

石田晴香持病は膠原病なのか?完治はできないというのは本当か!?

石田晴香さんの持病は膠原病ではなく、光線過敏症や紫外線過敏症の可能性が高い

石田晴香さんの持病が光線過敏症や紫外線過敏症であれば、完治することは今のところできない

石田晴香さんの持病完治ができないことで、心の崩壊をさせないためには持病と向き合う必要がある

などという事がわかりました。

石田晴香さんの持病である光線過敏症や紫外線過敏症はアレルギー反応の1種でしょうから、1年中気を使って生活していることでしょう。

太陽光を気を付けなければならないという事と持病完治しない事で、心身ともに疲れてしまいますから、慣れているからといっても、ストレスケアだけはしっかりしておくべきでしょうね。

スポンサーリンク