藤江れいなの高校はどこ!?学歴は高卒?大卒?それとも・・・

2017年にAKB48から卒業した藤江れいなさんです。千葉県鎌ケ谷市出身のタレントになります。27歳の藤江れいなさんですが、中学生の時にAKBの研究生となっているので、高校学歴はどうなっているのか?藤江れいなさんの高校学歴について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

藤江れいなは高校進学や学歴について、どんな思いだったのか?

藤江れいなさんは13歳の時に、AKB48の第1回研究生としてAKB入りしています。

それだけ、藤江れいなさんは当時からポテンシャルが高い方だったという事です。

中学生時代に芸能活動を開始していることから、藤江れいなさんの学歴高校について非常に気になりますよね。

当時のAKBの活動状況を考えると、かなりの忙しさだったという事です。

そうなると、藤江れいなさんは高校進学についてどう思っていたのでしょう。

この段階では、藤江れいなさんは芸能人やアイドルとして生計をたてようと考えているはずですから、学歴は関係ない!と考えている可能性があります。

やはり、高校卒だけはしておかないといけないという考えもあったことでしょうから、芸能活動をしながら高校卒という学歴があれば、とりあえず芸能界で失墜しても、社会生活をしていくには十分なはずです。

スポンサーリンク

藤江れいなの高校は、芸能コースの高校ではない!?学歴はどうなるの?

多忙なAKBの活動の中で、高校卒の学歴を満たすためには、普通高校ではかなり単位を取得するのにはかなりの問題があったはずです。

そうなると、次に考えられるのは、芸能人御用達の芸能コースがある高校が考えられます。

芸能コースがある高校といえば、堀越学園や日本大学目黒高校が有名です。

ただ、藤江れいなさんは、この両方共の高校には通ってはいません。

どこの高校卒という学歴をもっているのか?という疑問が出てきます。

実は藤江れいなさんの通っていた高校は、クラーク記念国際高等学校に通っていたのです。

珍しい名前の高校と思うかもしれませんが、この高校通信制の高校で卒業すれば、普通高校と同じく学歴は高校卒という扱いになります。

藤江れいなさんにとっては、通信制で学歴が高校卒という扱いになることが魅力的であることは確かだったでしょう。

いくら通信制高校といっても、通学できるときは高校に通学しなければなりません。

当然テスト時も通学することになるのですが、藤江れいなさんのように芸能活動している場合には、通学できない日の予定を提出しておけば、レポート提出という事で、単位を取得できるのが可能でもあるのです。

藤江れいなさんの学歴はクラーク記念国際高校卒業という事になっています。

スポンサーリンク

藤江れいなは高校卒の学歴!?大学卒ではなかった!?

藤江れいなさんがクラーク記念国際高校を卒業したことが、わかりました。

では、藤江れいなさんは高校卒が最終学歴なのでしょうか?

専門学校や大学・短大には進学してはいないのでしょうか?

実は藤江れいなさんの最終学歴は、高校卒なのです。

イメージ的には知的な印象がある藤江れいなさんですから、短大卒くらいは最低でも学歴があるのでは?と思っていた方も多いのではないでしょうか。

しかし、藤江れいなさんは、高校卒の学歴で、AKB卒業時にも芸能界1本で行くことを明らかにしているのです。

なんといっていいかわかりませんが、結構すっぱりとした性格なのかもしれませんね。

実際、芸能界では学歴はほとんど必要ありませんから、高卒レベルの学歴で問題はないでしょう。

現在27歳となった藤江れいなさんですが、女優や舞台俳優・タレント・ラジオNIKKEIの1番組のMCなどを務めていますので、忙しいことには間違いありません。

学歴が良くても、仕事がない方もいる世界ですから、ある意味藤江れいなさんは、いい選択をしたと思っていいでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

藤江れいな高校はどこ!?学歴は高卒?大卒?それとも・・・について紹介してきました。

藤江れいな高校はどこ!?学歴は高卒?大卒?それとも・・・

藤江れいなさんは、学歴については高校卒でも問題ないと思っていた

藤江れいなさんは、クラーク記念国際高校卒の学歴

藤江れいなさんは、大学進学せずに芸能界1本で行くことを決意していた

などという事がわかりました。

藤江れいなさんの顔を見ると結構知的な印象があるので、結構頭の出来がよさそうな感じだったのですが、高校卒という学歴です。

高校卒の学歴でも、藤江れいなさんのように仕事が大忙しという事は、学歴に関係なく、藤江れいなさん人柄が仕事を呼び込んでいるのでしょう。

一般的には学歴社会ですが、芸能界は自分のモチベ次第ですから、その辺りは藤江れいなさんには、合っていたのでしょうね。

スポンサーリンク