山本彩加の目の整形後があまりにも不自然!ここまでする必要があったのか?

2021年3月にNMB48の次期エースの座をすてて看護師の道を選んだ山本彩加さんです。しかし、2020年ごろに山本彩加さんが整形を行ったのでは?という疑惑が急浮上しています。奥二重が、見事な平行二重に大変身!実際の整形疑惑は本当の事なのでしょうか。

スポンサーリンク

山本彩加の目の整形は明らかに不自然!ここまでやるのか?芸能界!

2021年3月にNMB48を卒業し芸能界も引退したのが、山本彩加さんです。

実物の顔を見たことはありませんが、可愛らしい感じの印象を受けます。

かなりファンも多かったのでは、ないでしょうか。

そんな可愛らしい山本彩加さんに目の整形疑惑が、2020年ごろ急浮上しているのです。

芸能界で、それもTOPアイドルの整形疑惑は、山本彩加さんだけでなく、昔から整形顔と呼ばれる方々も大勢います。

2020年当時、NBA48の次期エースといわれていた、山本彩加さんの整形疑惑はファンにとっては、寝耳に水状態だったのではないでしょうか。

整形というと、最近では頭切開が主流のようですが、山本彩加さんの整形疑惑は、奥二重から平行二重に代わったのでは?という物です。

の二重整形は、山本彩加さんだけでなく、一般の方もかなり行っていることですから、今さら感があるのですが、ファンにとっては死活問題なのかもしれません。

確かに、山本彩加さんのを見る限り昔は奥二重だったのが、2020年ころから平行二重に整形されている感じがありありとわかるのです。

事務所も山本彩加さんもここまで、あからさまな整形についてはどう感じているのか不思議としか思えないです。

スポンサーリンク

山本彩加の目の整形は本当に必要だったのか?疑問が残る目の整形疑惑!

なぜ山本彩加さんは、の平行二重整形を行ったのでしょうか?

山本彩加さんは、奥二重でも可愛さには、遜色がないと感じるほどですから、あえて目の整形をする必要性がなかったのでは?とも感じます。

確かに、ネット上でも平行二重整形に対しては、賛否両論となっているのです。

くっきりした二重か奥二重では、テレビ映えを考えると印象が違うようにもみえるのですが、すでにある程度のコアなファンを獲得している山本彩加さんだけに、何となく整形は必要なかった気がします。

ここで、疑問が出て来るのが、目の本格的な整形なのか?それともプチ整形なのか?というものです。

画像からでは、山本彩加さんの平行二重整形が本格的なのかプチ整形なのかを判断することはできません。

もともと完成度が高い顔の山本彩加さんなのですから、あえて整形は必要なかったのでは?とも感じられます。

スポンサーリンク

山本彩加が目の整形を行ったのは、コンプレックスがあったから!?

山本彩加さんの整形疑惑でネットはHOTな状態になっているようです。

あるインタビューで山本彩加さんは、の二重について語っています。

朝起きるとくっきり二重なのですが、夕方になると奥二重になってしまうのです。

さらには、奥二重を気にしてなのか、絆創膏でまぶたを広げて止めているとまで発言しています。

何となく、可愛らしく答えておけば、整形したんですか?という質問を回避できるのでは?という解答のような気もするのです。

山本彩加さんは、奥二重に相当コンプレックスを感じているのでは?とも捉えることができます。

もしかすると、の二重整形山本彩加さんにとってはだったのかもしれません。

確かにTOPアイドルですし、NBA48次期エースともいわれていれば、余計山本彩加さん自身も今以上に可愛くなりたいと感じていたのかもしれません。

2020年当初は看護師の道を考えてはいたのでしょうが、次期エースの座も見えていただけに整形は時間をかけて考えた結果なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

山本彩加整形後があまりにも不自然!ここまでする必要があったのか?について紹介してきました。

山本彩加整形後があまりにも不自然!ここまでする必要があったのか?

山本彩加さんの整形は奥二重から平行二重にする整形

山本彩加さんの整形は本格的なのかプチ整形なのか、判断できない

山本彩加さんの整形を行ったとしたら、奥二重にコンプレックスを感じていた可能性がある

などという事がわかりました。

正直そこまで、じっくりと山本彩加さん自身の顔を見たわけではありませんが、どちらも可愛らしさには変わりがないような気がします。

あえて整形に踏み切ったとしたら、そこには山本彩加さん自身の問題を解決するためという何らかの意図があったと推測できるのです。

すでに芸能界から引退していますから厳しい整形について追及するのは止めておきます。

以上、「山本彩加の目の整形後があまりにも不自然!ここまでする必要があったのか?」でした。最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク